スポンサーリンク

アドビリーダーの最新版無料ダウンロードなどのお役立ち情報まとめ

2018年10月5日





アドビリーダーは、アドビシステムズが提供しているファイル閲覧用ソフトです。
今からアドビリーダーに関しての情報をご紹介していきたいと思います。

アドビリーダーの特徴

PDFファイルの閲覧だけでなく、印刷や簡単な編集機能も搭載しているのが特徴です。
2015年にリリースされたDCバージョン以降から、再びアドビアクロバットリーダーの名称となりました。

アドビリーダーのダウンロード

高機能なエディターやコンバーター機能を備えたバージョンと異なり、
アドビリーダーは無料でダウンロードが可能です。
方法は公式Webサイトのダウンロードページから、OSの種類や言語のほか、
バージョンを選択したうえでダウンロードしインストールします。
アドビリーダーのダウンロード

アドビリーダーの対応バージョン

OSはWindowsやmacOS、Androidに対応しており、比較的古いシステムにも導入可能です。
例えばWindowsの場合、Windows10や8.1など最新のOSだけでなく、
WindowsServer2003や2008のほか、XPで動作するバージョンもダウンロードすることができ、
それぞれOSを選択すると自動的に適切なバージョンが表示されるようになっています。
macOSであれば10.6.4以降、Androidは2.2以降にインストール可能です。
但し古いOSに関しては、OSメーカーによるサポートが終了しているものも存在するため、
セキュリティ面に注意して使う必要があります。

アドビリーダーのアップデート

最新版を使用する際の要件はCPUの動作周波数が1.5GHz以上、メインメモリが1GB以上、
ストレージの必要空き容量が450MBですから、
ほとんどの環境で性能を気にすることなく使用することが可能です。
インストールは、旧バージョンを導入済みの場合は予め削除し、管理者権限で実施します。
新しいバージョンがリリースされた場合、
セキュリティーに関する更新が含まれている可能性があるため、
速やかにアップデートするのが無難です。更新すべきバージョンが存在するかどうかの確認は、
アドビリーダーを起動しヘルプから「アップデートの有無をチェック」を選択します。




Posted by toshio