スポンサーリンク

コンプライアンスの違反事例や気をつけたいポイントなどのお役立ち情報まとめ

2019年10月18日





コンプライアンスは企業にとって最低限の規範であり、
それだけに違反すれば厳しい目が向けられます。
今からコンプライアンスに関しての情報をご紹介していきたいと思います。

コンプライアンスとは

言葉の意味だけとれば法令の遵守となりますが実際には一般的なモラルも範囲内です。
にもかかわらず逸脱してしまう事例は少なくありません。
実例として最も多いのは商品やサービスに対する偽装です。
たとえば有名な自動車メーカーでは燃費に関する虚偽のデータを国に報告していました。
それだけではなく不具合の発表が遅れていたことも発覚し、
業績が急降下したことは記憶に新しいところです。
さらに鉄鋼やゴムといった基礎となる製品にも長年の不正が明るみに出て衝撃を与えました。

コンプライアンス違反

労働者の権利を蔑ろにする社内風土も、重大なコンプライアンス違反となります。
連日過酷な残業を強いている企業はあまりにも膨大です。
時には心身に重大なイメージを受けてしまい、
人生を台無しにしてしまうこともあります。
また残業代を一切支払わなかったり法律の規定以下の報酬しか出さないことも戒めるべきです。
外国人研修制度を利用して人件費を削減することなどは、その最たる事例でしょう。

コンプライアンスの解決策

解決策として考えられるのは目標達成に対する過程の見直しです。
日本有数の大企業による大規模な粉飾決算は、
メイドインジャパンそのものに重大な毀損をもたらしました。
その理由は上層部から強硬なまでに命じられた業績の完遂です。
努力が届かない目標は無力感を広げ、社員は安易な手段を選ぶようになります。
こうして数字を誤魔化すというコンプライアンス違反が平然を行われるようになりました。
もしも経営者が正当な認識に立っていれば、悪評が世に出ることもなかったでしょう。
努力目標ならまだしも達成目標は現実的な数字でなくてはなりません。
こうした地に足の着いた経営方針こそが解決策となります。
また品質管理に対するコストを無闇に削減することも避けなくてはなりません。
事例を絶好の教材としながら、コンプライアンスと企業を守る施策を実行していきましょう。

コンプライアンス違反事例15選はこちら
コンプライアンス違反事例



Posted by toshio