スポンサーリンク

セブンミールの注文方法や配達エリア、特徴などのお役立ち情報まとめ

2018年10月2日





セブンイレブンと言えば、日本国内では第一位の店舗数を誇る
コンビニエンスストアとして、あまりにも有名です。
皆様も週に数回くらいは利用している方もいらっしゃることでしょう。
それほど身近なコンビにですが、実は弁当の宅配も取扱っています。
それがセブンミールというサービスです。
店舗で弁当を購入するのとどのような違いがあるのか、
その特徴や注文方法などを御紹介しましょう。

セブンミールの注文方法

セブンミールは店舗網の地理的特性に応じたサービスなので、
身近にセブンイレブンの店舗が立地していることが前提になっています。
具体的に自分の居住エリアが対応しているのかは、
セブンミールのサイトに登録すれば邯鄲に調べることが出来ます。
逆に言うと、会員登録すれば自宅近くの取扱い店舗を探すことができると言うわけです。
具体的な登録方法は、店舗かネットで申込むことになります。
後日カタログと共に郵送されてくる会員証は忘れないように注意して下さい。
すぐに利用したいならネット申込みがおすすめ、
すぐに弁当の宅配を開始する事が出来るのです。
セブンミールの注文方法

セブンミールの配達エリア

配送時間に応じて注文のタイミングが異なってきます。
正午頃までの昼便か、夕方7時ごろまでの夕便のいずれかを選択します。
宅配での支払いは、毎月27日の引き落としか、払込票による支払いになります。
ただし払込票では、クレジットカード決済やnanako以外の
電子マネーは使えないので注意して下さい。

セブンミールの特徴

それでは実際に利用した方の口コミはどうなのでしょうか。
この点はさすがはセブンイレブンの商品開発力、
満足して利用をリピートしている方も多い印象です。
ただしボリュームは、ごはんの量が少し多いと感じる方もいるようです。
なかにはごはんの分量の増減を選べる弁当も多いので、
自分にあったサイズをチョイスすることも可能です。
セブンミールの独自の取り組みとして、自治体と提携した高齢者見守りサービスが、
一部の地域で実施されています。
特に買物難民になりがちな高齢者の買物ニーズと、
見守りのマッチングを行うことで地域の高齢者のセイフティーネットとしての
役割も期待されているわけです。



Posted by toshio