スポンサーリンク

横浜新道の料金や交通情報などのお役立ち情報まとめ

2018年9月25日





横浜新道は神奈川県横浜市内にある国道1号線の
バイパスで無料通行区間と有料通行区間とが存在し、
無料の区間は起点を神奈川県横浜市神奈川区立町として終点を
同県同市の保土ヶ谷区常盤台としており、有料の区間はこの保土ヶ谷区常盤台を
起点として同市の戸塚区上矢部町を終点とする区間となっています。

横浜の中心部から住宅街等の遠方に向かって走る路線であり、
遠方の方が有料となっている道路です。
この横浜新道の料金については、無料区間は当然無料ですが有料区間については、
走行区間に関係なく一律の料金となっている点に特徴があります。
都市高速系の道路によく見られるシステムです。

横浜新道の料金

そしてその料金ですが、軽自動車等が250円、普通自動車が320円、中型車が380円、
大型車が520円、特殊大型車が870円と車の大きさ等に応じて高額になっていく
通常想定される料金システムになっています。
なお、ETCカードを利用するゲートそのものは設置されているのですが、
ETC割引等のシステムは提供されていないので利用する場合には
一律この金額ということを考えておけばよいでしょう。
また、今井インターチェンジより東か西かによりオートバイの交通規制が
違う点にも特徴があり、東にいけば通常の高速道路の交通規制と同じ規制が
課されるため125cc以下のオートバイは通行禁止になる等の
制限があるので注意しておくことが必要です。
横浜新道の料金

横浜新道の交通情報

またこれから通行しようとした場合に渋滞状況などがどのような感じなのかを
知りたいという場合には交通情報を活用することができます。
インターネット上でハイウェイ交通情報を提供しており、
このサイトを見ることにより、現在の渋滞状況や雪等によるタイヤ規制、
片側交互通行などの状況を把握することが可能です。
また、このサイトではインターチェンジごとへの所要時間も
表示してくれるものもあるのでこれから利用しようという方はこのようなサイトを
活用して移動時間を確認すると自分の移動が計画的に行えることでしょう。



Posted by toshio