スポンサーリンク

JCBカードのポイント交換、年会費や締め日などのまとめ

2018年10月14日





JCBカードは、とってもお得。
そんなJCBカードについていろんな角度から掘り下げていきたいと思います。

JCBカードの特徴

JCBカードの年会費はカードの種類によって分かれています。例えばJCB一般カードであれば年会費税抜き1250円となっており、ゴールドカードで契約すると税抜き1万円とグレードが上がります。その上はゴールドカードのザプレミアになりますが、この場合は税抜き1万円の通常の年会費に比べてサービス年会費として税抜き5000円が上乗せされます。そしてプラチナカードでは年会費が税別2万円です。いずれの場合も利用実績などで次年度分が無料になることもあり、一部会費が無料になることもあるなどお得になる要素もあります。

JCBカードのポイント交換

次にポイントですが、JCB独自のポイントシステムがあり1000円につき1ポイントが付与されます。有効期限はカードの種類によって異なり、一般カードはポイントを獲得してから2年間でゴールド会員になると3年間です。ザプレミアカードやプラチナカードの場合は5年間となりカードによってかなりの差が見られます。ポイントが付与されるタイミングは何回払いかによって変わります。1回払いであればその月の1回、2回払いであれば2回に分けてポイントが付与されます。ボーナス1回払いではボーナスが支給されるタイミングで付与される仕組みです。

ポイント交換は、ポイントを買い物の支払いに充当することができる一方、インターネットのショッピングサイトで1ポイントから使えるなど使い道は幅広いです。また別のポイントカードにポイントを移行させて電子マネーとして活用するケースもあります。キャンペーンが行われてお得にポイント交換ができる場合もあるため、最新のキャンペーン情報をしっかりと仕入れることをおすすめします。もちろん定番である商品券との交換などもあり、自分自身がポイントを活用できるやり方が求められます。1ポイントからでも使えるやり方をまずは知っておきたいところです。

JCBカードの締め日

最後に締め日についてですが、原則として15日が締め日、支払いは翌月の10日となっています。ただ該当する日が土日祝日だった場合は翌営業日に締め日や支払日が設定されます。15日に土曜日が来れば締め日は翌営業日にあたる月曜の17日です。ここで気をつけたいのは海外でクレジットカードを使用するケースです。現地では16日になったとばかりに使用すると、時差の関係で15日の扱いになってしまって支払いの負担が増すことがあります。海外旅行でクレジットカードを使う際には注意です。

クレジットカード選ぶならおトクなクレジットカードがおすすめです。
JCBカードは、バラエティー豊かに交換できるポイント特典があります。
JCBカード



Posted by toshio