スポンサーリンク

イオンカードのポイント、年会費や還元率、締め日などのまとめ

2018年10月14日





イオンカードは、とってもお得。
そんなイオンカードについていろんな角度から掘り下げていきたいと思います。

イオンカードの特徴

近年では数多くの年会費無料のクレジットカードが存在していますが、その中でも特に人気を挙げているのがイオカードです。
主婦層を中心にイオングループの店舗で買い物をする人には特に支持されていて、ポイント還元や特典など、お得感を得られるのも大きい魅力といえるでしょう。
もっとも一般的なイオンカードはWAON一体型ですが、その中でも一番お得なのがイオンカードセレクトです。現在では新規会員のうち約半数がイオンカードセレクトを選んでいます。

イオンカードの年会費

年会費は永年無料で、18歳以上で電話連絡ができる人であればだれでも発行は可能となっています。
大きな魅力としてまず1枚4役の多機能カードであることが挙げられます。
1枚持っていることでクレジットカード、イオン銀行のキャッシュカード、電子マネーのWAONカード、イオンの優待カードの機能を使うことができます。さらに二重取りができることも大きな魅力と言えるでしょう。
クレジットカードを利用した際には200円につき1ポイントがたまり、たまったものは様々な商品と交換することが可能です。
イオングループのお店で使った場合の還元率は毎日2倍、毎月10日にはときめきWポイントデーと題して2倍となります。
電子マネーは200円につき1ポイントの還元率を受けることができ、たまったものはWAONが使えるお店で消費することができます。

また優待カードとしても利用することが可能です。
イオングループでの利用はポイントが毎日2倍となり、毎月20日と30日のお客様感謝デーにはすべての商品が5%OFFとなります。55歳以上の人の限定の優待デーとして毎月15日にG.G感謝デーが設けられています。
イオングループのお店での買い物が5パーセントオフとなります。
イオンカードの締め日と支払日にはほかのクレジットカードとはやや異なるので十分な注意が必要です。
ほかのクレジットカードの多くは月末締めや15日締めが多く見られますが、イオンカードの場合には毎月10日が締め日、翌月2日に指定の口座からの引き落としとなります。
もしも8月11日から9月10日に利用した場合には、翌10月2日が引き落としとなります。
金融機関の休業日にあたる場合には、その次の営業日に引き落としが行われることになります。GWや正月休みなど2日が金融機関の非稼働日にあたる場合には休み明けに引き落としされることになるので、事前に準備しておきましょう。

クレジットカード選ぶならおトクなクレジットカードがおすすめです。
イオンカードは、バラエティー豊かに交換できるポイント特典があります。
イオンカード



Posted by toshio