スポンサーリンク

京セラドームのアクセスや最寄り駅、イベント、座席表などのお役立ち情報まとめ

2018年10月4日





京セラドームは大阪市西区にあるドーム球場です。
そんな京セラドームについて、様々な角度から掘り下げていきたいと思います。

京セラドームの由来

別に京セラがこの球場の経営者でも建設に関わったわけでもなく、
いわゆる命名権の売買によりこのような名称になっています。
大阪にあるドーム球場ということで、一般には単に大阪ドームと呼ばれることも多いです。

京セラドームのアクセス

アクセスですが、大阪地下鉄長堀鶴見緑地線のドーム前千代崎駅か、
阪神なんば線のドーム前駅が最寄り駅となり、この2駅からは降りてすぐ目の前にドームがあります。
阪神なんば線は阪神本線とも直通運転していますし、その他に近鉄奈良線との相互乗り入れもありますから、
広域でのアクセスにも便利です。
その他に、大阪地下鉄中央線の九条駅やJR大阪環状線の大正駅からも徒歩10分程度も
あれば十分に行ける範囲にありますから、路線によってはこの方法でアクセスしても良いでしょう。
京セラドームのアクセス

京セラドームの座席表

座席表ですが、プロ野球開催時とその他のイベント時によっても異なります。
最も確実に把握する方法としては京セラドームのウェブサイトに行き、
そこでチケットの番号を入力して事前に確かめておくことです。
ドームは広いですし当たり前ですが丸い形をしていますから、
口で説明してもなかなか分かりにくいため、ウェブサイトなどで目で見て確かめておくのが一番良いのです。
一応基本的なところを説明しておきますと、京セラドームの座席はまず上段と下段に分かれています。
さらに、一塁側と三塁側に区分されます。この大きな区切りをまず間違えないようにしないと、
自分の座席とは全く異なったところに向かうことになりかねませんから、
列番号や座席番号などに目を向けるよりも前に、先に自分の座席が上段か下段なのか、
そして一塁側なのか三塁側なのかをまず確かめるようにしましょう。
そして、上段下段及び一塁側三塁側ともに、ホームベースの位置から外側に向かって座席番号が大きくなっていきます。
一方、列番号についてはグラウンドに近い方が若い数字となっています。
これを覚えておけばだいたいの位置関係はつかめるでしょう。



Posted by toshio