スポンサーリンク

横浜マラソン2018のコースや日程、エントリー情報まとめ

2018年10月4日





マラソン大会はいろいろなところで行われていますが、
横浜でもマラソン大会は行われています。
これから横浜マラソンについていろいろな角度から掘り下げていきます。

横浜マラソンはいつ?

横浜マラソンはスポーツの振興や健康増進に寄与して、
経済波及効果やシティセールス効果を期待することができるマラソンを
行う人も見る人も支える人も楽しめる大会となっています。
2018年は10月28日に行われます。

横浜マラソンの参加資格

参加資格はフルマラソンは6時間以内で完走できる人、フルマラソンは6.0278㎞を50分以内で完走できる、
フルマラソン車いすは6.0278㎞をレース仕様の車いすで30分以内に完走できる人、
2㎞車いすは車いすで40分以内で完走できる人などが参加することができます。
年齢制限などもあるため、参加資格のところを見て応募することをおすすめします。

横浜マラソンのコース

コースは、みなとみらい大橋からスタートし、5㎞付近で横浜スタジアム、
6キロメートル付近で横浜マリンタワー、20㎞付近で横浜南部市場付近で折り返して、
21~32㎞付近で首都高湾岸線を通り、41㎞付近で横浜赤レンガ倉庫前を通ったら、
パシフィコ横浜がゴールとなっています。
フルマラソンでは、車いすも含めてみなとみらい大橋から横浜中央卸売市場本場、
赤レンガ倉庫を通り、横浜スタジアムを通って山下公園前がゴールです。
2㎞車いすはパシフィコ横浜前交差点から始まり、
横浜赤レンガ倉庫で折り返してパシフィコ横浜に帰るというコースになります。

横浜マラソン2018のエントリー

横浜マラソン2018のエントリーはまだ始まっていませんが、
2017年の横浜マラソンではインターネットやコンビニによってエントリーを受け付けており、
2018年も同様のエントリー方法で申し込むことができると思います。
募集人数は決まっており、地元優先枠と一般枠、チャリティ枠、外国人優先枠、
横浜マラソンチャレンジ枠があります。
それぞれ先着順か、応募多数で抽選かは応募する枠によって異なります。
参加料はどのコースを走るかによって異なってくるため、それにも注意が必要です。

横浜マラソン2018



Posted by toshio