スポンサーリンク

函館マラソン2018のコースや日程、交通規制やエントリー情報まとめ

2018年9月21日





蒸し暑くなってきましたね、こんな時は涼しくて湿度の低い場所で、走りたいものです。
夏にちょっとした思い出を函館で作りませんか?
今回は、ハーフマラソン・フルマラソンが楽しめる
函館マラソンについて説明いたします。

函館マラソンの特徴

フルマラソンは「日本一過酷なファンラン」、ハーフマラソンは「記録が狙える高速コース」。
函館山山頂からの有名な「くびれた」市街地を駆け抜けるこのコースは、
海・山・繁華街や観光名所も含むバラエティに富んだ景色が自慢です。

エントリーはインターネット・専用振替用紙(ハーフのみ)。

交通規制
午前9時から午前11時45分ごろまで(予定)

日程
2018年7月1日(日)

会場
函館市千代台公園陸上競技場発着
(公財)日本陸上競技連盟(JAAF)公認コース
国際陸上競技連盟(IAAF)/国際マラソン・ロードレース協会(AIMS)公認コース

参加資格
平成30年7月1日現在,満18歳以上の男女。
概ねフルマラソン5時間00分以内、ハーフマラソン3時間00分以内の走力があり、
設定された関門を時間内に通過できる者。

交通のご案内
JR函館駅
徒歩約30分(2.3km)
タクシー約10分(1300円)
市電約11分(函館駅前→千代台)

開会式:8:40~

競技終了:14:30

函館マラソンのコース

千代台公園陸上競技場を1周弱走ってから、マラソンゲートをくぐって繁華街、
五稜郭方面へ駆け出します。市民に愛される市場「中島廉売」を通り抜け、路面電車の線路を渡り、住宅街へ。
津軽海峡に面した開放感のある漁火通を走り、湯の川温泉街付近で二手に。
函館港を一望できる自動車専用道路「ともえ大橋」のアップダウンを乗り越えて、ベイエリアへ。
約35kmで折り返し、少し進むと人工島「緑の島」。
フィニッシュの場所は,スタートと同じ千代台公園陸上競技場。
函館マラソンのコース

函館マラソンのエントリー

■フルマラソン(42.195km)
定員:4,000名程度(先着順)
参加料:9,000円
部門:招待および実業団・学連登録の部・陸連登録の部・一般の部
■ハーフマラソン(21.0975km)
定員:4,000名程度(先着順)
参加料:5,000円
部門:招待および実業団・学連登録の部・陸連登録の部・一般の部



Posted by toshio