スポンサーリンク

ロープの結び方、わかりやすい図解

2019年6月3日

ロープの結び方

ロープには様々な結び方があり、1種類だけでなく複数の結び方を覚えておくと、色々なケースで役に立つことでしょう。
ロープ同士を結ぶ場合もあれば、物とロープを結ぶこともあります。
さらに輪を作る結び方などもあり、できる限りの種類を覚えるようにすると、アウトドアなどでも役立つことが多々あります。
何度も繰り返し練習することでしっかりと覚えることができるようになります。

ロープ同士の結び方で基本となるのは「本結び」です。
強度が強く簡単に結ぶことができるのが特徴です。
連続させることで網やハンモックなどが作れる「あやつなぎ」や、ユニークな形の「男結び」などもあります。
また物に結ぶ方法としては、簡単な「ふた結び」のほかに、登山でも良く使う「二重8字結び」を覚えておくことをおすすめします。

わかりやすい図解

ロープの結び方については、誰かに指導してもらうことができなくても、わかりやすい図解があれば覚えることができます。
インターネットなどでも色々なサイトで結び方を図解で説明していますので、参考にすると良いでしょう。

わかりやすい図解の特徴は、写真あるいは絵が大きくかつ細かく描かれていることです。
コマ送りすれば動画になるくらい細かく描かれていれば、真似をするのも簡単でしょう。
また紹介されているロープの結び方の種類も基本から応用までバランスよく紹介されているサイトがおすすめです。
なお、結び方によっては解き方も大切になってくるものもあります。
簡単にほどくことができるものもあれば、複雑に絡み合ってほどきにくいものもあるので注意が必要です。

Posted by toshio