スポンサーリンク

ランニング初心者のペースと走り方

ランニングをようやく出来るくらい体力がついたけど、どのくらいのペースで走れば良いのかわからない、ケガも心配だし走り方も気になるそんなあなたの為に調べてきました。よろしければご覧ください。

ペース

ダイエット・健康維持・ランニング初心者の場合、ゆっくりペースで走ることをおすすめします。
なぜなら運動に慣れていない人にとって、負荷が大きい為です。
マラソン選手でも膝や足首の故障で苦しんでいるのですから、運動に慣れていない一般の人は膝や足首を痛めて走れなくなってしまう可能性が高くなり、ペースを早くすることよりも深い呼吸が出来るペースを保つ方が脂肪は効果的に燃焼しますし、なによりも大切なのは長く続けていくことです。
笑って会話を交わしながらでも走れるくらいのペースで、ゆっくりと楽しめる速さは1kmを7~9分程度で走るのが目安で、1kmを7分で走れる場合、20分で約2.8kmを走れる計算になります。初めに20分で2.8kmを完走できたら、徐々に走る時間と距離を延ばしていきます。
調子が良いからと言ってどんどん距離を伸ばしてしまうと、家に帰るときに動けずなんてことになってしまいますので、家のそばにゴールを設定しましょう。

走り方

背筋を伸ばすのを一番に意識して、しっかり肩の力を抜き顎は常に引いてしっかり目線は真正面に保って走り、スピードを重視するなら歩幅を大きくするのを意識すべきですが、ランニングに慣れていなかったり、怪我や筋肉痛が気になるなら自然な歩幅にしましょう。
ランニングの際の着地の仕方には主に2種類あり、かかとから着地して徐々に足先を地面につける走法と足裏全体で着地する走法です。
後は、ランニングは酸素を取り込むことでエネルギーを生産する有酸素運動なので、酸素の取り込み方、つまり呼吸の仕方というのも重要なポイントで、一定のリズムで行うということで、4歩で一呼吸が一般的となっています。
リズムが崩れると走るフォームに影響を及ぼしたり、酸素をうまく取り込めなかったりしますから、自分の足音に合わせて呼吸をすることを意識してみてください。
いきなり全部出来る人はいないと思いますので何個か意識しつつ走り、最終的に全部出来るようになりましょう。

Posted by toshio