スポンサーリンク

ウォーキングが健康にもたらすメリットや効果

ウォーキングのメリット・効果

歩くことは、多くの人がすることが出来、難しいことをすることでもないので、ゆっくりでも問題ないのが素晴らしいですね。
有酸素運動でもあるので、持続的に酸素を体内に取り入れる為、認知症予防や様々の病気や予防にも効果的です。
新鮮な酸素を含んだ血液がしっかり循環することにより、新陳代謝が格段にアップし、不要な毒素や老廃物を排出して、常に新しい元気な細胞に生まれ変わることにより、若々しく、健康な身体を維持することができます。
ウォーキングには、セロトニンの分泌を促す効果があるといわれていて、自律神経のバランスを整えてくれますし、深い呼吸を何度も行うことによって、身体をリラックス状態へ導いてくれ、また、疲労感も消してくれるので、姿勢も良くなり、仕事や家事などへの意欲も湧いてきます。

ウォーキングが健康にもたらすメリットや効果ベスト3

紹介したい・おすすめしたいウォーキングが健康にもたらすメリットやその効果ベスト3は、1位生涯を通じてできる・2位さまざまな病気に効果がある・3位脳を鍛えることができるとさせていただきます。
生涯スポーツは、生涯を通じて・いつでも・どこでも・誰でも親しめるスポーツのことで、近年最も多かったのはウォーキングでした。
2位さまざまな病気に効果があるのは、生活習慣病・ガン・うつなど様々な病気に効果があり、免疫力を上げてくれ、食べ過ぎを防ぐ肥満して食べ過ぎている人の体内では、レプチンが出ていても、そのメッセージに脳が正しく反応できないレプチン抵抗性と呼ばれる状態となっていることがありますが、そういった状態を防ぐことが出来ます。
3位ウォーキングの効果は、脳を活性化させ思考力や記憶力を高め、歩くことを楽しみ、楽しみながら歩くことで、脳を鍛えることができるます。

生涯を通じてできる

ウォーキングは、いつでも・どこでも・誰でも・手軽にでき、高齢期まで,生涯を通じてできるスポーツといえるでしょう。
運動の強度は自分で設定できるため、年齢や体調に合わせて、無理なくできるのも特徴です。
ウォーキングによって骨に適度な負荷がかかり、骨が刺激されるため、骨の形成が促進されて骨量の増加にもつながります。
骨粗しょう症の予防にもなりますから、高齢になっても、ウォーキングによって骨量が増加していれば問題なく歩けますから、生涯を通じて歩くことが出来ます。
運動を続けるために必要なことは、下半身を強くすることであることですから、ウォーキングなどで下肢を丈夫にすることで、運動をさらに行いやすくなり、ロコモティブシンドロームの予防に役立ちます。
ロコモティブシンドロームは、骨・関節・筋肉・神経などの運動器の障害のために移動機能の低下をきたしている状態のことをいいます。

さまざまな病気に効果がある

ウォーキングは、さまざまな病気に効果がありますが今回はいくつか紹介させていただきますと、まず肥満からやがて陥るのがメタボリックシンドロームです。
体を守る免疫細胞が暴走し、暴走状態となった免疫細胞が、突然死も招く動脈硬化や心筋梗塞、さらには糖尿病など、さまざまな病気を引き起しますが、ウォーキングをすることによって、そういった暴走を抑える効果があります。
もう一つは、サルコペニアという、加齢や疾患により筋肉量が低下し、全身の筋力低下や機能低下が起こる状態を予防・防止することができるといわれていて、日々のウォーキングとバランスの良い食事などで全身の筋力低下を防ぐことが出来ます。
特に普段運動をしない方ほど、効果の出るがウォーキングですから、最初は少しでも歩くことで、色々な病気予防となるので、最初はウォーキング続けられそうならランニングに移行してもより効果的となります。

脳を鍛えることができる

ウォーキングなどの運動をすると、筋肉を動かすことで分泌される化学物質として、脳由来神経栄養因子(のうゆらいしんけいえいよういんし)というものが出て、神経細胞を作ったり再生したり、脳内ネットワークを形成するシナプスを作ったりする効果があるタンパク質の一種や他の物質も出ます。
この脳由来神経栄養因子が増えると、短期記憶を司る脳の部位である海馬が大きくなることが判明していて、また、うつ病やアルツハイマー病などの脳に関わる疾患の多くで、脳由来神経栄養因子の低下が関係し、繰り返し運動によってセロトニンが分泌されることは有名ですが、このセロトニンが抗うつ効果を持っていることがわかってきています。
セロトニンは動物の情動や記憶に関わる脳内の神経伝達物質の1つで、うつ病などの精神疾患に関わっていると考えられています。
一方、セロトニンは運動によって脳で増加することが知られていますが、セロトニン受容体が抗うつ効果や海馬の神経細胞の新生に重要な役割を果たしていることが明らかになりました。

Posted by toshio