スポンサーリンク

ランニングマシーンの究極活用術

走ろうと思ったら雨が降っていた・思いのほか寒い等そんなときに利用して見たくなる、ランニングマシーン。
外で走るのと同じではないようです、その辺を調べて見ましたよろしければご覧ください。

ランニングマシーン特徴

天候に左右されず走ることができる
ランニングマシンは室内で走るためのマシンです。そのため天候に左右されません。雨や雪が降る日も、寒い日も、風が強い日も、室内で快適にランニングやウォーキングなどを楽しむことが出来ます。

アスファルトとは違って膝や腰への負担が少ない
外で走る場合は、硬いアスファルトの上を走ることになるため、膝や腰への負担が大きくなり、特に走ることに慣れていない人の場合、それが怪我の原因になることもありますが、ランニングマシンはアスファルトより柔らかいゴム製のベルトの上を走るため、膝や腰への負担を抑えることが出来ます。

人目を気にせず走れる
外で走るのには意外と抵抗がある人が多いです。人目が気になって恥ずかしくてランニング・ジョギングをを続けられないという場合も多いと思います。ランニングマシンであれば、室内で人目を気にせず走ることが出来ます。

ランニングマシーン効果

脂肪燃焼によるダイエット効果
ジムに行ってランニングマシンをする人にはダイエット目的の人が多いです。また、家庭用のランニングマシンを購入する人も健康維持やダイエット目的といった人が多いです。
もちろん、その理由は、ランニングマシンで走ることで、体脂肪を効率的に燃焼出来、ダイエット効果が期待出来るからです。
外でのランニング・ジョギングは、体脂肪を走るためのエネルギー源として活用することで脂肪燃焼によるダイエット効果が得られます。
同じように、ランニングマシンも、走るためのエネルギーとして脂肪を活用しますので、脂肪燃焼によるダイエット効果が得ることができますが、普通にランニングマシンを活用するだけでは、外でのランニングに比べて負荷が少ないため、ダイエット効果はやや少なくなりがちです。

ランニングマシーンの使い方

ランニングマシンは傾斜を調整することが出来、通常は傾斜0%の状態でフラットな状態となっており、ランニングマシンはフラットな状態で走ると、下り坂を走っているような状態になるので、ランニングマシンを2%ほどの傾斜を付けることで、外でフラットな道の上を走るのと同じような状態を作り出すことが出来るので、ランニングマシンを使う場合は、2%の傾斜を付けて走ることをおすすめします。
傾斜を付けることで、外でランニングして得られるダイエット効果やトレーニング効果といったものに近づけることが出来ます。

少しピッチ走法を意識する
ランニングマシンでは、走る時の歩幅が広くなり、ランニングマシンは自動的に地面が動くためストライドが大きいければ楽に走れるようになります。
そのため、ついつい楽をしようとストライドが大きくなりがちですがランニングマシンでは、意識的に歩幅が大きくならないように、やや歩幅を小さくするようなイメージで走ってみましょう。
歩幅を小さくするようなピッチ走法を意識することで歩幅が大きくなって、楽をしてしまうのを防ぎ、外で走る時のランニングフォームが乱れるのを防ぐこともできます。

腕振りをしっかりする
ランニングマシンを使う場合、手すりにつかまったまま運動をしている人がいますが、手すりにつかまらないと転倒してしまうような人を除いて、基本的に手すりにつかまらないことが大切で、ウォーキングやジョギングでは腕振りも大切な動作です。
腕振りをしっかりすることで全身運動になり、脚だけ動かしているのは全身運動ではありません。
その為、ウォーキングマシンを使う時も腕振りをしっかりしない効果は薄まりますので、しっかり腕振りもして正しいフォームで行うようにしましょう。

室内でトレーニング気分

ランニングマシンには脂肪燃焼・脚力強化・体力増進等、目的に合わせて選択可能で、ミュージックプレーヤーを接続すれば、内蔵のスピーカーから音楽を流すことが出来ますから野外とは違い、ランニングマシンは信号待ちをする必要がないため、快適に走り続けることが出来ますし、他にも心拍数や消費カロリーを表示する機能が付いていて、今の運動負荷や消費したカロリーを確認出来るため、ダイエットの目安になります。
トレーニングの場合でも、心拍数を確認出来ることで、運動負荷を正しくコントロールすることができるので、外に走りに行くのは面倒という方や外だと夏は暑いし、冬は寒いしという方でも室内に居ながら手軽にランニングができます。

ランニングマシーンの注意点

ダイエットを目的にランニングマシンに取り組む方など、トレーニングのやりすぎで身体を痛めるケースがあり、他にも地面と違い柔らかいのでついつい走りすぎてしまいますので、注意しましょう。

Posted by toshio