スポンサーリンク

ランニングの新時代!ウェアラブルテクノロジーバンド

今やいろいろなランニング等・健康関係で欠かすことが出来ないウェアラブルテクノロジーですが、ウェアラブルテクノロジーって?という方や何が出来るか興味のある人は調べてきました。
よろしければご覧ください。

ウェアラブルテクノロジーとは

ウェアラブル・身につけられるデバイスで、メガネや時計、洋服など私たちが日ごろ身につけているものに、センサやカメラなど、コンピュータの一部が組み込まれたもので、ランニングに使われるのは、手首に巻くバンドや時計型の物が多いですね。
要は自分の行動が数値化されて、見ることが出来るようになるので、達成感を得られやすくなる為の端末ですね。

ランニングも数値化してみよう

自分が1日でどれくらい動いたのか、その成果が数値化されると自然と達成感が湧くものです。
これを活用することによって、きっと運動が楽しいものになるはずで、運動が苦手な方でもテクノロジーを利用すれば少しでも楽しく続けることが出来るのでないでしょうか。
近年は、スマホやPCアプリと連携して統合的に健康系データを管理することができるので、自分でやることが減り自分の走りに集中できますね。

心拍計機能
心拍計機能が付いているとランニング中の自分の心拍数が計測できるため、トレーニングの強度を高めることができます。より高レベルなトレーニングを行いたい人はチェックしておくべき機能で、さらに、カラダの上下動や地面との設置時間、ピッチなどを計測するためには、ハートレートセンサーという胸に付けるセンサーや、平均心拍数や運動中にかかった不可の最大値表示などができる心拍ベルトなどの付属品が用意されている場合もあります。これらを付けることで、より高度な計測ができますよ。
今やランニングに欠かせない要素の心拍数、とはいえ正確に測るのは大変ですのでぜひランニングウォッチで簡単に調べたいですね。

テクノロジーの利用で楽しく走る

もっと楽しく走りたい・自分の走りを客観的に知りたいといった方に、オススメしたいのがウェアラブルデバイスの活用です。
ウェアラブルデバイスとは、身につける端末や機器のことで、走りながら音楽を聞く・タイムを測る・データを取る・体の状態をモニターするなど、さまざまな機能が使えるます。
そこで、おすすめしたいのが、ランナー用に特化した腕時計型のウェアラブルデバイスです。
1kmごとのタイムや区間ごとのペース、走った距離や経路といった客観的データのほか、心拍数といった体の状態もモニターしながら走ることができ、ランニング中に取得したデータは、スマホやパソコンと連携して保存できるものが多いので、自身の記録とデータを簡単に保存可能となり、いつでも成長の過程が確認できるので、どんどん走ることが楽しくなりますね。
そのほか、トレーニングをサポートする音声ガイド、音楽再生機能、上下動・ピッチ・地面接地時間といったデータまで取得できるものなど、メーカーや機種によって使える機能が異なりますし、基本的に高機能なものは価格も高くなりますので、自分に必要な機能をよく考えて選ぶのがポイントです。

ウェアラブルテクノロジーバンドの種類

体全体の活動量を測定するために設計されているため、年齢・性別・体重に関係なく、1日の動きを記録できます。
ウェアラブル活動量計は、数千円~数万円までと価格の幅の広いアイテムなので、どうしても外せない機能があったり、欲しい機種やメーカーが決まっているなら別ですが、特にこだわりがない場合は予算を決めてあらかじめ商品を絞り込んでおきましょう。
膨大な数のウェアラブル活動量計の中から闇雲に探すより、予算に見合うものを何点かチョイスしてじっくり比較検討した方がいいものがみつかりますよ。
端末は、ある程度の衝撃を想定して作られているはずですが、常に身に着けているものなので何らかのアクシデントで壊れることもあります。
よって、消耗品と割り切って1万円を切る端末を選ぶ方法もあり、常に計測され、競争していく感じは、好みは分かれるかもしれませんが、とても新鮮でとても刺激的で、ペースや距離、消費カロリーなどから、今日のランニングの目標を立てられるのはとても便利です。

アプリと連動しよう

パソコンやスマホのアプリとGPS付きランニングウォッチを連動させることができると、自分のランニングを簡単に記録し情報を蓄積していくことが可能になります。
蓄積した情報は分析して今後のトレーニングに役立たてることができますし、距離などが積み上がっていくと、自分がどれだけ走ったのかという実感が形となって残り、モチベーションの維持に繋げることもできます。
楽しくトレーニングの記録を残していくため、アプリとの連携性についても確認しておきたいですね!

Posted by toshio