スポンサーリンク

ランニングでアミノ酸やプロテインを摂取するタイミング

アミノ酸とプロテインが運動している人にとって重要な栄養素という事は有名ですが、より効果を高くするタイミングがあるそうです。
効果を高めるに越したことはないと思いますのでご興味のある方は、よろしければご覧ください。

アミノ酸の効果

長時間の運動でもスタミナを維持する
長時間のランニングによって糖質のエネルギーは次第に不足するようになり、スタミナ切れを起こすようになってしまいますが、アミノ酸はそんな時にエネルギーとして活用されアミノ酸を摂取することでエネルギー源として有効に使えるようになります。

走るために大切な筋力を強化する
アミノ酸は筋肉組織の原料となる栄養素で走るための筋力を強化するためには、筋肉組織の原料となるアミノ酸が欠かせずランニングによって筋肉の筋線維は損傷を受けても、アミノ酸が傷ついた筋線維に素早く届くことで筋肉の修復が迅速に進み筋肉が強化されていくのです。

ランニング後の素早い疲労回復をもたらす
走れば走るほど疲労物質である乳酸が発生し、糖質や脂質がエネルギーに変換される過程において乳酸は発生します。
しかし、アミノ酸がエネルギーに変換される過程では乳酸は発生しないので、アミノ酸がエネルギー源として利用されればランニングによる乳酸の発生を抑えることが出来るのです。

アミノ酸を摂るなら走る30分前が効果的
アミノ酸のスタミナ維持・筋力強化・疲労回復効果を実感するためには走る30分前に摂ることが大切で、アミノ酸の中でも重要なイソロイシン・ロイシン・バリンは摂取後30分で血中濃度がピークを迎えるからです。

プロテインの効果

プロテインはランニング後の筋肉を修復してくれる
脚の筋肉は強靭ではありますが何度も何度も加われば筋繊維が壊れてしまう為、この壊れた筋繊維をスムーズに回復させるために必要なのがタンパク質でプロテインを利用してジョギングで壊れてしまった筋肉を回復させる必要があります。

短時間でランニングに必要な栄養成分を摂れる
ランニング前にプロテインを摂取することで、ランニングに必要な栄養分を効率よく摂取することができますから、ランニング前に食事をすると気持ち悪くなるという人もプロテインであれば手軽に栄養摂取ができて便利です。

プロテインの摂取はランニング後の30分以内
ランニング後にプロテインを摂取する場合30分以内が良いのは、効率よく脂肪が燃焼されることが理由です。

Posted by toshio