スポンサーリンク

今話題のGPSランニングアート

別に健康だし、何なら痩せてるからイマイチ走る気になれない。
そんな人もいるかもしれません、そんな方でももしかしたらランニングするきっかけになるかもしれない。
そんな目的を調べて見ました。

GPSアートって何?


GPSアートは、位置情報を記録しながら移動し、 その軌跡で、地図上に絵を描いていくというモノ!
GPS(グローバル・ポジショニング・システム)とは、 地球上の現在置を測定するためのシステムです。

GPSは移動を記録する
GPSには時間つき位置情報の基本機能があります。
例えば、旅の行程を記録・ランナーが走った距離を記録・営業マンが訪問履歴を記録などがあります。
移動した軌跡を残せるGPSロガーアプリもいろいろありますが、スマホでの位置情報取得はバッテリーが消耗するのが難点です。
ですので、登山者・サイクリング・ランナー向けにはGPSロガーという専用機があります。
有名なのは以下の「Garmin」です。

GPSアートはスマホやウェアラブルデバイスのGPS機能で位置情報を記録しながら、Googleなどのマップ上にイラストや文字を描くことをいいランアートとも呼ばれています。
最近では、マラソンやウォーキングと絡めた企画など、気軽に楽しめるイベントも増えていますし、恋人へのプロポーズとして、大きいものを描くには、どんな手法や技術があるのかなと調べていたところGPS絵画の手法を見つけプロポーズにGPSアートを利用した方もいます。
GPS絵画は、子供からお年寄りまで誰でも挑戦できるので、目的地に着くことがゴールではなく、絵を描くことがゴールなのです。
そのための道を選んでいくからこそ、新しい発見や出会い、道が通れないトラブルなど様々な経験があり、それら全てがGPS絵画ならではの醍醐味でもあると思います。
あと、ランナーの方にもおすすめで、普段のランニングとは違った切り口での楽しみ方ができると思うので、ぜひアプリを体験してみていただけると幸いです。

GPSアートの魅力


趣味や健康のためにエクササイズをする時は、体を動かすことが精一杯で、なかなか他のことに頭を回す余裕はないものですが、あるランナーは、Googleマップを使ってアートの図案を考え、その通りに街を走ってアプリでイラストを描いてしまうのである!まるで、街全体をキャンバスにしてしまうかのような、体を張ったアートのスケールがケタ違いです。
GPSアートの魅力は、何といっても“移動した軌跡で絵が描けている”という感動です。
また、描く過程においても様々な発見があるのが面白いです。
普段見慣れた場所も路地に入ると新しい景色に出会えたり、地形や道路のクセを発見できたりするので、町興しのツールとしての可能性にも注目です。
もちろん、ウォーキングだと数キロは歩くことになるので、健康にも良いです。
GPS機能付きの端末さえあれば、気軽に挑戦できるのがGPSアートの魅力ですね。

GPSウォッチで効果的に


1万円以上する高い商品には、GPSが内蔵されているものが多く、GPSの作動ボタンを押すと、電波を受信して位置情報を取得します。
走った距離が正確に分かるので、どんなペースで走っているのかを表示で知ることができ、終了後には走った距離やペースとともに、消費カロリーも記録され、履歴を振り返ることもでき、さらに高額の商品になると、脈拍から心拍数を把握することもできます。
GPSアート以外にも当然ランニングに使うと色々使えて便利です。

GPSアートにチャレンジ


ランニングを続けるという行為は非常に難しく、情熱が燃え尽きたり、仕事の忙しさでジョギングをさぼりがち。ここで、創作意欲を刺激することで、走るモチベーションに影響できれば成功ですが、ランニングにおいて、自分の辿ってきた道がアートになり、テクノロジーでランニングの体験をシェアするともっと楽しくなり、走れない人の為に走る体験をシェア出来たらもっといいのではと思った人が始めたそうです。

GPS画の欠点は?
GPSは消しゴム機能がないので、慎重な走りましょう。

GPSランニングアート作成方法


まず自分の描きたい絵をイメージしながら、パソコンやスマートフォンで地図を開いてそれに見合うルートを探します。
ルートを決めたら、描きたい絵のイメージを持ちながら実際に走るスタートポイントに行って、スマートフォンでのアプリNike+ Runningやウォッチ を立ち上げます。
(似たような機能を持っているものなら問題ありません。)
そして走ります! GPSマップを表示させたランニングコースを マッピングした地図を確認しながら、GPSランニングアートを描いて 完成させます。

Posted by katakai