スポンサーリンク

自分に合ったランニングシューズの選び方

ランニングシューズ?普通に靴屋さんやネットで気に入った靴を買えばいいんじゃないの?
そんな方は是非読んでいただきたい!ランニングシューズの選び方を調べてきました。

足に形、サイズ選び


足型測定のススメ
読んで字のごとく足の型を測定するわけですが、最近は多くのスポーツショップで測定機械を置いていて、無料で測ってもらえ足裏の圧力分布・重心・接地面積・足の長さ・足の幅・靴サイズ等がわかります。
サイズはほとんどのランニングシューズはつま先の中央が一番長い形をしているので、あまりきつ過ぎるサイズ選びはやめて、かかとはしっかりとホールドされていてつま先に余裕があるというのが理想です。

従量はレベルにあわせる


クッション系はその名の通り衝撃吸収性を高めたランニングシューズであり、レース系はその名の通り最速タイムを狙うランナーのために軽量性を重視したランニングシューズで、トレーニング系のランニングシューズはクッション性と軽量性をバランス良く合わせたモデルとなっています。
軽い方が走りやすいだろうからレース系という安易な選び方は注意が必要で、軽量なランニングシューズというのはそれだけクッション性やフィット感を犠牲にして軽さを優先させているため、初心者の場合だと膝や腰を故障してしまうということになってしまうので、今までほとんどスポーツをしてこなかったという初心者ランナーの場合はクッション系のランニングシューズを選び、スポーツ経験者の場合は、クッション系やトレーニング系のランニングシューズを選ぶのがおすすめです。

ブランド別の特徴を知る


ミズノは日本人向けのランニングシューズを中心に開発しており、日本人の足にフィットするランニングシューズが豊富に揃っています。
そんなミズノのランニングシューズといえば高いクッション性を持ったミズノ独自のクッショニングシステムに、良い走り心地を追求したスムースライドと呼ばれる機能を持ち、走行時の揺れを軽減してくれ、シューズ内のムレをソールに作られた通気口から排出する通気システムや、ウェーブ状のクッションプレートなど、ランニングの快適さを複合的かつ高い次元で実現しているのがミズノのランニングシューズの特徴となっています。

ニューバランスは、非常に軽量かつ独自のクッションテクノロジーなど初心者から上級者まで幅広い層におすすめできるランニングシューズがそろっています。
ニューバランスのランニングシューズにはアブゾーブと呼ばれる独自のクッション材が使用されており、ランナーが地面から受ける衝撃を吸収するのはもちろんのこと、そのエネルギーを反発させて地面の蹴り出しのパワーに変える構造で作られており、足を痛め難いと多くのランナーたちから支持されています。

アシックスのランニングシューズは圧倒的多数の日本人ランナーの足とマッチするフィット感が自慢のメーカーであり、長距離を走れば走るほど、その剛性感とグラつきの無さが体感でき、ゲルと呼ばれるゼリー状のクッション材は他のメーカーのクッション材よりも磨耗しにくいため長期間クッション性を維持し、またソールは比較的固めに設計されており、蹴り出しの反発力を向上させつつ、ねじれを防いで安定感のあるランが可能となるランニングシューズが特徴です。
他にもランニングシューズメーカーはありますが、とりあえず自分の足に合うメーカーを選ぶのが大事です。

ランニングシューズ専門店


店の人に直接問い合わせ、自分のレベル・普段の走行距離等々を伝え、足型測定のデータを参考にしフィット感を高め、サポートするインソールを標準装備のものと交換するだけで、大きな効果を発揮する靴を選ぶことが出来、自分の足を知って、ワイズ・クッション性などメーカーごとの特徴や機能を定員さんに聞きながら、実際に履いて走ることの出来るお店がありますので、納得いくまで靴を選ぶことが出来る近所のランニングシューズ専門店に最初は行くのをお勧めします。
気に入ったら上達するたびに、店に行って相談しながらシューズを買うのもいいですし、足のデータを知るだけでも良いでしょうね。

ランニングシューズの寿命


走っていて近頃、前よりも足や膝に違和感を覚える時は、ランニングシューズの寿命の可能性があります。
初心者向けの靴底が厚いクッション性の高いものでは、総ランニング距離1000~900kmくらいが寿命となり、中・上級者向けの靴底が比較的薄いレーシングシューズは、総ランニング距離500~700kmくらいが寿命となります。
あまり使用していない場合でも、2~4年くらいが寿命とされていて、せっかくランニングシューズを購入したのであれば経年劣化は避けられませんので、ランニングをしない場合でもウォーキングなどにどんどん履くようにしましょう。

Posted by katakai