スポンサーリンク

ランニングに必要な筋肉トレーニング

ランニングをしているのだけれど、最近体が痛い・タイムが速くならない。原因は筋力不足かもしれません。
その辺の原因を調べてきました。読むことで何かヒントになるかもしれません。よろしかったらご覧ください!

なぜ筋トレは必要なのか?


ランニングで故障が多い場所はヒザや臀部(でんぶ)なのですが、原因は筋力不足がほとんどです。ランニングに必要な筋肉というのは、最大筋力を高める筋トレなどで身に付く瞬発力のある筋肉ではなく持久力のある筋肉です、延々とスクワットができてしまうような筋肉で、持久力を持った筋肉を筋トレによって養うことで、足の耐久性(筋持久力)を高めヒザのブレを防ぎます。正しい姿勢を長時間維持するためには腹筋や背筋が必要ですから、その辺りを鍛えられる体幹トレーニングもおすすめします。最近はスポーツ選手が取り入れていることでも広く知られていて、スムーズな走りのために体を安定させるための体幹を強化しましょう。体幹が強化されるとフォームが安定し、余分な体力を消費することなく効果的にランニングすることができます。

ランニングに重要な要素


一歩踏み出すごとに、地面から跳ね返ってくる力は体重の約3倍の重さといわれていて、ただ走っているだけなのにどんどん腰が落ちてくる、フォームがぶれるというときは地面からの衝撃を吸収できず、自分の体重を支える筋力も不足している可能性があります。
筋トレで走るための筋肉を鍛えることで、体力の消耗を防いだりスタミナを向上させたりすることが期待でき、ランニングフォームに無駄がなくなりスムーズに体を運べるようになるためには、大きい筋肉をしっかり使えることが重要で、大きい筋肉をきちんと動かすことで体力の使い過ぎを防ぎ、体力が温存できると同時にエネルギーの貯蔵量も増加するため、体力・スタミナの向上も期待できます。
ランニングで必要な大きな筋肉だけではなく、日常生活では意識しづらい筋肉をぜひ積極的に動かしてみてください。
筋肉がつくと基礎代謝が上がるだけでなく、走行距離が伸びたり
速く走れるようになったりなど、自分の走りの変化を実感できることでしょう。今まで練習を続けてきたのになかなか調子が出なかったのは、もしかしたら筋トレが足りなかったからかもしれません。ランニングに適したトレーニングを行って体の軸をしっかり作り、スムーズな走りを実現しましょう。

Posted by katakai