スポンサーリンク

ランニングに効果的な呼吸法

ランニングすると苦しいから嫌。確かに

あの息苦しさはなれませんね、しかし呼吸法を覚えて実行すれば苦しさが軽減されるとか?
よろしければご覧ください。

呼吸でリズムを作り、そのリズムで走る


ランニングの呼吸法について
思いっきり肺の中の空気を吐き出してから肺に空気を入れるというのが、最大酸素摂取量を最も大きくするのに効果的な呼吸法となります。吐く⇒吸うの順番です。肺の空気をすべて吐き出すことで、肺の容量一杯に空気を吸うことができます。
その際、口から空気を吐き出した方がより多くの空気を吐き出すことができます。
そして、吸うときは鼻から吸うことで腹式呼吸になりやすいです。
鼻から吸うことのメリットは喉の乾燥が避けられ、空気中の菌を排除でき、体温に近い温度で肺に届けられるメリットがあります。
以上の点からも、先に口から空気を吐き出して、次に鼻から空気を吸う。
この順序を意識して呼吸をすればランニングに適した呼吸になるでしょう。

酸素を効果的に取り込む


人間の肺には息を吐き切っても出し切れない残気量が多く、これが外から入ってくる新鮮な酸素の濃度を薄めてしまうことを知っていますか。のどの抵抗を小さくし、素早く、勢いよく息を吐くトレーニングと深呼吸するつもりで大きく息を吸い込める姿勢を意識したトレーニングを練習に取り入れ、酸素を効率的に取り込めるようにしましょう。

腹式呼吸を心がける
ランニングしていて苦しくなる原因のひとつに浅い呼吸になっていることがあげられます。
浅い呼吸になると、当然取り込める酸素も少なくなるので苦しくなるので、呼吸をラクにするには深い呼吸をすることが大切です。
深い呼吸をするために心がけたいのが腹式呼吸で、腹式呼吸とは、横隔膜を上下させるさせておこなう呼吸法のことです。
わかりやすく言うと、お腹を出したり引っこめたりするイメージですね。
腹式呼吸の反対は、胸式呼吸といって胸や肩を動かして呼吸する方法で、ランニングする際には、胸式呼吸ではなく腹式呼吸が最適だと言われています。
なぜなら、腹式呼吸の方が胸式呼吸よりも多くの空気を肺に取り込むことができるからです。
息を吸う際にお腹を膨らませて、息を吐く際にはお腹をへこませるイメージで呼吸すると腹式呼吸がしやすいのでぜひチャレンジしてみましょう。
普段から腹式呼吸を意識するのも大切ですよ。

Posted by katakai