スポンサーリンク

太る心配なく何でも食べられる理由はランニング

ランニングが今までにないくらいはやっているそうです、気軽に始めやすいランニングはいったいどのような効果があるのでしょうか?効果の内の1つ消費カロリーについて調べてきました!よろしければご覧ください!

ランニングによる消費カロリー計算式


ランニングで消費するカロリーは体重(kg)x距離(km)という簡単な計算式で導き出せます。例えば、体重50kgの人が5kmのランニングをする場合、消費カロリーは250kcal(50×5)になり、より詳しく消費カロリーを計算する方法もあります。それは、MET’sを利用した計算式で、MET’sとは、厚生労働省がメタボリックシンドロームをはじめ生活習慣病の予防のために打ち出した健康づくりのための運動指針の中で定めた運動強度を表す単位で、安静にしている状態を1MET’sとし、ランニング(8.0km/h)を8.3MET’sとしています。時速8kmはかなりゆったりとしたランニングペースとなります。

エネルギー消費量を食事に換算


身長170センチ・体重63.6kg・年齢35歳の男性の基礎代謝は1549kcalで、1日に消費されるカロリー量は2720kcalとなります。
計算上だと2720-1549=1171kcal分たべていれば太らないことになりますが、摂取カロリーを減らすために食事を極端に減らすと、人間の体は少ない摂取カロリーでも正常に身体を機能させるために、ホメオスタシス(恒常性維持機能)がカロリー消費を抑えるようになり、基礎代謝量が減り、本来消費される1日のカロリーが少なくなり、結果的に痩せにくい身体なってしまいます。

基礎代謝を上げ、脂肪・脂肪以外を燃やすランニング
上記の文を読んで、走っても250kcalしか消費しないのなら、運動なんてしなくていいやなんて思ってしまいがちですけど250kcalは運動で消費され、そこで消費が止まるわけではなく運動後じわじわ脂肪が燃えていますので、少しずつ体に付いた脂肪分も減っていきます。それにランニングをし続ければ、基礎代謝が上がるのでランニングをし続けていれば、体重は減り続けていき脂肪も燃えて減っていき痩せていきます。あるランナーさんのニュースで食事風景が放送されていましたが、ガリガリなのにデカい器のラーメンを食べていました、体に余分な燃料が無いのでたくさん食べるしかないのでしょうね。

Posted by katakai