スポンサーリンク

サッカー観戦!サポーターと選手を結ぶ応援歌

サッカー観戦中、サポーターみんなが大声で一丸となって歌を歌っている姿が特徴的だと思います。これらの応援歌のことを「チャント」といいます。チャントは、クラブによって異なりそれぞれのクラブの特徴が現れます。今回はこのチャントの焦点をあてつつ、Jリーグのクラブについて少し紹介していきたいと思います。

今回は、チームチャントと呼ばれる「チーム」全体に対するチャントに焦点を当てていますが、チーム全体だけではなく、「個人」に向けてのチャントもありますので、実際はかなりの数のチャントが存在します。また、応援はチャントだけではなく、「コール」もありますので、チャントが難しいと感じたら、コールや手拍子で選手を後押しする事から始めるのもいいと思います。

浦和レッズ応援歌

浦和レッズ(浦和レッドダイアモンズ)のサポーターはとても熱く、そしてかなりのサポーター数を誇ります。そんな彼らが歌う応援歌・チャントはとても迫力があります。
そして、非常に熱狂的な応援でも知られ、ホーム戦だけにとどまらず、アウェイでの声援の大きさにも驚かされます。

浦和レッズのチームカラーは、赤がベースです。ホーム試合時には、ホームスタジアムの埼玉スタジアムが真っ赤に染まります。

選手入場時には、「威風堂々」を歌い、選手を迎え入れます。そして、試合に勝利したときは、「We Are Diamonds」をスタジアム全体がタオルマフラーを上げて歌う姿はとても圧巻です。「We Are Diamonds」は、「私たちは永遠にレッズのそばにいる。浦和レッズは最高だ!」といった内容の歌詞ですが、すべて英語のため覚えるのが難しく感じるかもしれません。しかし、勝利時に周りのサポーターと一緒に歌うことで一体感を味わえることは間違いありません。

鹿島アントラーズ応援歌

鹿島アントラーズのサポーターは古くからのファンも多いことから、年齢層が幅広いことが特徴です。しかし、年齢層が広くても、団結力があり一体感のある応援を目指していることでも知られています。

鹿島アントラーズの応援歌として有名で、さらにカラオケにも入っている曲といえば、「MAX VOLUME IN.FIGHT Ⅱ」です。球団歌のようなものなので、鹿島を応援しに行くときは、練習しておきましょう。1曲が長いチャントは、この曲のみなので頑張って覚えましょう(笑)繰り返す部分も多いので、それほど覚えるのが難しいわけでもありません。

選手が入場する前に歌うチャントは、「錨を上げろ」です。これも、試合前の選手を鼓舞する意味で覚えておくといいでしょう。「オー」と「アントラーズ」のみで構成されているので、覚えやすいと思います。
試合に勝利したときには「オブラディ・オブラダ」を隣の人たちと肩を組んで、歌いましょう!

ガンバ大阪応援歌

ガンバ大阪は、Jリーグ創設期より根強い人気を誇っているクラブです。ホームタウンは、大阪府吹田市、茨木市、高槻市、豊中市、池田市、摂津市、箕面市としており、浦和レッズ、鹿島アントラーズなどと並び、サポーター数が多いことでも有名です。

ちなみに、チーム名の「ガンバ」は、イタリア語で「脚」を意味しています。もちろん、日本語の「頑張る」の意味もあります。

選手入場時には、「WE ARE WITH YOU」を歌い、ゴール裏に限らずスタジアム全体で盛り上がります。「ガンバ!」の部分に力を入れて声を出し、選手を迎え入れましょう!
試合に勝利したときは、「We are GAMBA OSAKA」です。ガンバ大阪への愛をうたうこのチャントを歌って、気持ちよく勝利を味わいましょう。

セレッソ大阪応援歌

セレッソ大阪のホームタウンは、大阪府大阪市、堺市です。「セレッソ」とは、スペイン語で桜を指すことから、チームカラーは桜色(ピンク)です。

選手入場前には、「POWER AND THE GLORY ~我がCEREZOに弥栄あれ!~」を歌い、今からの戦いのために勝利を願いましょう。「誉れ高く勝利こそあれ」と、大きな声で歌いましょう!

勝利時には「大阪の街の誇り」で勝利を祝います。このチャントの原曲は、「オブラディ・オブラダ」です。みんなよく知っているメロディーなので、歌いやすく、すぐに周りのサポーターたちと盛り上がれることでしょう。

サガン鳥栖応援歌

サガン鳥栖のホームタウンは、佐賀県鳥栖市です。チームカラーはブルーとピンクです。
ホームタウンの人口はJリーグ全53クラブ中で最も小さい都市です。チーム名の「サガン」の意味は、小さい砂粒が固まって、砂岩(サガン)になるように、小さい力を集結させ立ち向かうという意味があり、「佐賀の」という意味も含まれています。

また、ほかのクラブがサポーターの背番号を「12」としているのに対し、サガン鳥栖は「17」としています。この番号については、また機会がありましたら、記述させていただきたいと思います。

選手入場時に歌うチャントは、「Minority」で、選手を奮い立たせる歌詞になっています。
そのほかにも、「パラダイス銀河」などの特徴的なチャントがあることでも有名です。

Posted by katakai