スポンサーリンク

サッカー観戦!W杯の楽しみ方

「W杯の期間中、日本中がW杯で盛り上がっているけれど、W杯って何がすごいの?何が面白いの?」

私もサッカーに興味がなかったころ、正直そう思っていました。なんだか渋谷で騒いでいるなぁーとか、道頓堀で飛び込んでいる人がいるなーなど。それくらいの認識しかありませんでした。むしろ反対派の人間でした(笑)どうしても、お祭り騒ぎでしかないように思っていたのです。しかし、そんな私ですらサッカーを好きになったことにより、W杯を見るようになりました。
それでは、W杯について少しでも興味をもってもらえるように、今回はW杯についてご説明したいと思います。

世界最大級のイベントW杯

世界の男子サッカーナショナルチームによって行われる世界選手権のことを、「ワールドカップ」(略してW杯)と呼びます。正確には国際サッカー連盟(FIFA)が主催しているので、FIFAワールドカップと呼ばれていますが、今回は「W杯」と記述させていただきます。

W杯は、サッカーの大会では世界最高峰に位置付けられていて、世界最大級のイベントのひとつとして数えられています。
毎年行われている他のスポーツとは違い、W杯は4年に1回の開催となります。4で割り切れない偶数の西暦年に開催されていますが、覚えにくいので1994年以降は冬季オリンピックと同年に行われていると覚えておきましょう(*^-^*)

世界中から集まる強豪国

世界中・・・と言いますが、厳密にいえばFIFAが加盟を承認したサッカー協会を持つ地域が予選を行い、それぞれの予選(アジア、ヨーロッパ、南米、アフリカ、北中米カリブ海、オセアニア)で勝ち上がったチームがW杯本戦に出場できます。開催国はこの予選に参加することなく本戦への切符を手にすることができます。

伝説に残る名選手達

「サッカーの王様」ペレや、「神の手」マラドーナ、ジーコ、カカ、ロナウジーニョ、デル・ピエロ、ネイマール、ジダン、メッシ、イニエスタ、などなど挙げだしたらキリがありませんが(偏っていて申し訳ありません)、聞いたことがある選手はいるはずです。ちなみに、私は個人的に元ドイツ代表GKのオリバー・カーンが好きです。大袈裟ですが、彼の守っているゴールにはボールが入ることはないのじゃないかと思ったくらいです(笑)彼は、自国でもとても人気で彼をモチーフにした曲まで存在します。

そして、先ほど挙げた選手の中で特に日本人にはなじみ深いのは、「ジーコ」ではないでしょうか。ジーコは、体が小さく痩せていたので、「ジーコ(やせっぽち)」という名前で呼ばれるようになりました。(本名は、アルトゥール・アントゥネス・コインブラ)
ジーコは、鹿島アントラーズの礎を築いたといってもいいでしょう。「ジーコがいなかったら、今の鹿島アントラーズはない。」そんな話も聞いたことがあります。
また、引退後2002年から2006年まで日本代表の監督を務めました。「ジーコジャパン」なんて、聞いたことありませんか?
さらに、人気ゲームのスマホ版「ウイニングイレブン2018」にも全盛期のジーコが登場してしまうほどです。ちょっと遊んでみたいです・・・。

世界のランキング

2018年6月現在、209の国と地域が毎月順位付けられていることはご存知でしょうか。FIFAランキングは、各試合の結果(勝ち点)、重要度、対戦国の強さ、大陸連盟間の強さを掛け合ったポイント算出方法で決められています。勝ち点が勝利で3、引き分けで1、負けで0、なので、負けた時点でポイントは一切追加されないことから、負けないことが少しでもランキングの上にいく絶対条件と言えるでしょう。(当たり前といえば、当たり前ですが・・・)

では、日本は現在何位なのか。・・・61位です。厳しいですね( ;∀;)
これは歴代ワースト2位らしいです。

日本は、最高何位にランキングされたことがあるか調べてみたところ、1998年に9位のようです。しかし、1999年から現在の算出方法に変更になってから、トップ10に入ったことはありません。

ちなみに、現在のトップ10は以下の通りです。

1位 ドイツ
2位 ブラジル
3位 ベルギー
4位 ポルトガル
5位 アルゼンチン
6位 スイス
7位 フランス
8位 ポーランド
9位 チリ
10位 スペイン

日本代表を応援しよう

2018年日本代表のメンバーは、Jリーグ所属の選手もいますが、海外クラブに所属している選手がほとんどなので、普段彼らのプレイを間近で観戦することはとても難しいうえ、テレビ放送もなかなか地上波では行われません。そんな彼らのプレイを短い期間で複数試合見ることができるのも、W杯の醍醐味といえるでしょう。

W杯直前のハリルホジッチ監督の解任の件もあり、「2018年の日本代表は応援しない!」という方もいらっしゃったかもしれません。しかし、ふたを開けてみれば、多くのサッカーファンが日本代表を応援していましたよね(*^-^*)
いろいろな意見もあるとは思いますが、日本を代表して戦う選手たちはとてもかっこよかったです。

W杯中は時差の関係で試合が行われるのが、日本時間の夜中だったりすることも多いので、くれぐれも次の日の仕事や、学校に支障のない範囲内で応援しましょう(笑)

Posted by katakai