スポンサーリンク

サッカー観戦のチケット購入方法

スタジアムでサッカー観戦をしたいけれど、チケットがどこで売っているのか、どうやって買っていいのかわからない・・・そんな方のために、今回は、Jリーグのゲームのチケットの購入方法をご紹介します。

Jリーグのチーム数は?

2018年現在、J1には18クラブ、J2には22クラブ、J3には14クラブ(U-23チームを除く)、Jリーグには合計54クラブ加盟しています。

毎年リーグ戦が行われ、それぞれのカテゴリ内で順位を争います。その順位により、J2、J3はひとつ上のカテゴリへの昇格、J1、J2はひとつ下のカテゴリへの降格が決まります。
「J1参入プレーオフ」や「ライセンス」など、リーグの順位だけで昇格や降格が決まるとは言い切ることはできませんが・・・。これらについてはまた機会がありましたら、お話したいと思います。

では、例えばテレビで54クラブの中の清水エスパルス戦を見ていたとします。(筆者はエスパルスサポではありませんが・・・)
実際に生で試合を見たいと思ったとき、どうしたらいいかをお教えします!もちろん、他のクラブの場合、多少違う箇所はあるかと思いますので、実際にはオフィシャルサイトなどでの確認を行ってください。

どこのスタジアムで、何処でみたいか?

まずホームの「IAIスタジアム日本平」で、メインスタンドで見てみようと決めてみます。
ここまで決めるのには、いろいろな葛藤がありました(笑)が、今回はメインスタンドとさせていただきます。
メインスタンドの中でも、リーズナブルな自由席を選択します。IAIスタジアムの場合、「Aゾーン」がこれに該当します。
他クラブや、他スタジアムでは、メインスタンドが全て指定席になっていたりする場合もありますので、必ずオフィシャルサイトで確認してくださいね。

WEBサイトで予約しよう

WEBサイトで購入する場合、オフィシャルサイトに大抵の場合、記載があります。
エスパルスの場合も、オフィシャルサイトに記載がありました。
エスパルスでは、「パルチケット」と呼ばれるオフィシャルチケット販売サイトがあります。システムはJリーグ公式チケット販売サイトのJチケットを使用しています。
「パルチケット」の他の購入方法は、「Jチケット」や「チケットぴあ」、「CNプレイガイド」、「セブンチケット」、「ローチケ.com」、「イープラス」、それにオフィシャルショップなどでの店頭販売などがあります。

当日券?前売り券?どっちが得?

当然、前売り券です。・・・が、当日まで行けるかどうかわからない。当日の天気次第で行こうかどうか悩んでいる・・・なんて場合ありますよね。
そんな場合は、当日券でも構わないと思います。当日券と前売り券の販売価格の差異は500円程度です。ビールを1杯我慢すればいいわけです( ;∀;)
ファンクラブや後援会などに入っていれば、当日券の割引があったりする場合もあります。これが、多くの場合500円程度ですので、当日券でもいいかなーなんて思いますが・・・

当日券では、気を付けなければいけない点があります。
先行販売分で、チケットが売り切れになってしまった場合です。この場合、当然当日券は販売されませんので、売り切れそうだったら先行販売で購入する必要があります。
特に人気のカードなどは、早め早めにチケットを購入するようにしましょう。場合によっては先行販売発売日に即ソールドアウトなんてこともあります。

さらにさらに確実にチケットを入手したい場合、ホーム戦はほとんど見に行く予定の場合、シーズンチケットを購入するのがお得です!シーズン途中から購入できるハーフシーズンチケットなどもありますので、利用していきたいですね。

チケットの引き換えは?

WEBサイトで購入した場合、購入したサイトによって引き換え方法は異なります。
大抵コンビニで引き換えができますが、サイトによって引き換えられるコンビニが違いますので、必ず確認してください。(しつこくて、ごめんなさい。ですが、確認は大事ですので(^-^;))

また、WEBサイトではなくコンビニにある端末で直接チケットを購入できる試合も多いので、時間が出来た時に近所の大手コンビニでチェックしてみるといいでしょう(*’ω’*)

シーズンチケットは、郵送で送られてくることがほとんどなので、チケットの引き換えは必要ありません。

今回はJリーグについて書きましたが、Jリーグのクラブの中に応援しているクラブがなかったとしても、悲観する必要はありません。
日本代表戦や、JFL(アマチュアチームの最高峰カテゴリ)だってあります。
それ以外のアマチュアリーグや、カテゴリに属さないサッカー(学生のサッカー)だって面白いですよ!
きっとどこかにあなたが応援したくなるようなチームがあることでしょう!
「応援するチームはひとつだけでなければいけない」なんてルールもありませんし、逆に「毎回違ったチームの応援をしてはいけない」なんてルールもありません。
気軽にサッカーを楽しみましょう。

Posted by katakai