スポンサーリンク

サッカー観戦は何処でも楽しめる

普段は「サッカー観戦をテレビでしかしたことがない」という方は多いはずです。
そういう方へ、家の外で観戦したり、また家で観戦したりする場合にもさらに楽しめる方法、みんなで一緒にサッカー観戦できる場所などをお教えしたいと思います。

本物を観にスタジアムでサッカー観戦

もちろん、一番おすすめなのはスタジアムでの観戦です。
スタジアムによっては、スタジアムDJの素晴らしい声での選手紹介や映像、スタジアムでしか見ることのできない映像が大型ビジョンで流れることもあります。選手紹介の際にみんなで一緒に声を出すことも楽しみの一つです。
テレビでは見ることのできない試合前のアップ風景も見ることができます。アップ中の動きなどで「今日はこの選手の動きがいい!」などと、期待を膨らませることもできます。

家でのんびりサッカー観戦

家のテレビでサッカー観戦をする場合、のんびり見ることができるほか、実況や解説の人などの声によって今どういった状況かがよくわかるという利点があります。
地上波で放送している試合をみるのが一番お手軽ですが、2018年6月現在、ネットの環境やスマートフォンがあり、DAZNと契約すれば、Jリーグに関しては、すべての試合(J1、J2、J3リーグ)が見ることができます(天皇杯、ルヴァン杯を除く)。また、さらに衛星放送のスカパーと契約すれば、さらに多くのサッカーの試合を見ることができます。
多少お金はかかりますが、1試合1試合全部チケットを買うと思えば、それほど・・・でもないかもしれません。無料お試し期間などもあるので、試してみるといいでしょう。
家で観戦している場合は横になってみたり、立ち上がってみたり、好きな料理を食べたり飲んだりしながら見たり、体に制限のない状態で観戦することができますので、のんびりサッカー観戦ができます。
家族や、恋人、友人と一緒に楽しんだり、一人で集中してみたりするのもよいですね(^^♪
でも、いつもと違った環境でサッカー観戦をしたいときには↓こちらをお勧めします。

みんなと一緒にスポーツバーで観戦

世界のほかの国々から比べると、日本にはスポーツ観戦ができる飲食店は少ないです。しかし、それでも検索をするとそれなりにヒットします。ぜひ、お住いの地域で検索してみてください!

私はつい先日、スポーツカフェへ行ってきました。みんなが一つの試合に集中しながら、なおかつ軽食もとれるということで、多くのお客さんが集まっていましたよ(*’ω’*)
その日の試合は負けてしまいましたが、みんなで一喜一憂しながら、お茶やコーヒー、そしてビールなども飲むことができ、悔しい思いも一緒に共有することができたので、とても有意義な時間でした。
また、「ここはこうしたほうが良かったのではないか」などの意見交換もでき、とても勉強になりました。

さらに、みんなと一緒に観戦する機会を設けてくれる地域や団体もあります。よく、テレビなどの中継で映ることもある「パブリックビューイング」と呼ばれるイベントです。
パブリックビューイングはスポーツバーよりも大きな規模で行われますので、さらに多くの人が集まります。スポーツバーはちょっと敷居が高いと感じている方は、パブリックビューイングの機会があればぜひ行ってみてください。みんなで応援すると楽しさが倍増しますから、癖になってスポーツバーの敷居がどうとか言っていられなくなるかもしれませんよ(*’ω’*)

お泊りサッカー観戦会

ワールドカップなど、世界で行われているサッカーを観戦するには時には、時差の関係によって夜中になってしまうこともあります。もちろん、現地へ行くのは難しいことが多いので、家でお泊りサッカー観戦会などを行うのも楽しいかもしれません。

ワールドカップでしたら、地上波で放送している試合が多いので、みんなで集まってわいわい食事をしながら観戦なんて、とても楽しいでしょう。
ただしここで気を付けたいのが、夢中になるあまり窓を開けたまま歓声を上げたり、拍手をしたりすることです。これは、近所迷惑なので絶対にやめましょう (;´Д`) また、アパートなど集合住宅の場合も、あまり大きな声を出して応援することはやめましょうね。

何処で観戦しても、みんながひとつになれる

結局のところ、サッカー観戦の魅力に気がついたら、何処で観戦しても楽しいです!(^^)! 同じ試合を見ている人たちと、世界中のサッカー好きとつながっている感覚になれます。

また、SNSなどでサッカー仲間とつながることによっても、いろいろな角度からの情報が入ってくるのでさらに視野が広がり、自分の世界が広がります。
そして、サッカーを知れば知るほど、好きなサッカーチームを応援すればするほど、みんなと感動を共有することができます。さらには、Jリーグの場合「1年に2回しか会わない友達」、そんな友達もできるかもしれません。年に2回対戦する相手チームのサポーターさんのことです。

今の瞬間も日本中に世界中に、そんなサッカーの輪が広がり続けていると思うとわくわくしますよね(^^♪

Posted by katakai