スポンサーリンク

サッカーTV観戦でよく聞く言葉!ルールがわかればもっと楽しい

テレビでサッカー観戦をしたことがある人はきっと多いはずです。なんとなく、「日本代表の試合がやってるなぁ」と、テレビを眺めてる人もいるはず。
でも、「サッカーはルールがわからないから、みていても面白くない。」という方もなかには、いらっしゃいますよね。
そんな方へ、今回はサッカーのルールを簡単にではありますが、説明したいと思います。もっと詳しく知りたい!って思ってもらえたらうれしいです(^^♪

キックオフからサッカーは始まる

それぞれのチームのキャプテンが握手をした後、コイントスで勝ったチームが前半に攻めるゴールを決めます。そして、コイントスで負けたチームのキックオフで試合が始まります。
主審の合図「ピーッ!!!」という、笛の合図でボールが蹴りだされたら、そこからお互いのチームのプライドをかけた戦いがはじまります。

キックオフの時にボールを蹴る選手がそのまま、相手チームへドリブルをして突き進んでいってしまった場合、もちろん違反になります(そんなのは見たことないと思いますが一応)。
なぜかというと、ルールでキックオフで蹴ったボールを最初の選手が次に触れるのは、ほかの選手が触った後となっているからです。

フリーキック って何?

試合中、いきなり流れが止まって、審判の示した位置から選手がキックをするシーン、見たことありますか?これが、フリーキックと呼ばれるキックです。

フリーキックになるのはどういった場合かというと、ファウルや不正行為などの反則が行われた場合です。もちろん、蹴るのは反則を受けた側のチームになります。
なので、フリーキックが行われた場合、「キックをしたチームじゃないほうのチームの選手が反則をしたと、審判が判断したんだな。」と、いう認識で大丈夫です。どの行為がファウルなのかはテレビであれば、リプレイしてくれるか解説さんが説明してくれるはずです。

フリーキックの怖いところは、試合の流れが変わる可能性があることです。また、フリーキックの位置によっては、直接ゴールを狙える場所であったりすることもあります。恐ろしいですね(;’∀’)
でも、応援しているチームのフリーキックの場合は、チャンスになり得るのです。これまたドキドキしますよね(^^♪

ペナルティーキック って何?

ペナルティーキックという言葉を聞いたことがない人でも、「PK」という言葉は聞いたことがあるでしょう。ペナルティーキックの略が「PK」です。
PKはフリーキックの一種なのですが、ファウルがどこで行われたかによって、ただのフリーキックになるかPKになるかが変わります。
では、どこでファウルが行われた場合、PKとなるのかというと・・・
「ペナルティエリア」の中です。

ペナルティエリアとは、ゴールから2本目の白い枠(大きい方の枠)までのことを言います。(ゴールから1本目の白い枠(小さい方の枠)までのことをゴールエリアと呼びます。)

PKは知っての通り、蹴る選手と相手のGKの一騎打ちです。
これは大きなチャンスですが、守る側のチームとしてはとてつもないピンチです。
このチャンスを生かして1点決めることができるのか?はたまた、ピンチを凌ぐことによって流れを変えられるのか?・・・今、想像しただけでもドキドキします。

コーナーキック って何?

また、ドキドキするのはフリーキック(PK含む)だけではありません。
コーナーキック。これもまた、ドキドキワクワクハラハラする展開です。

コーナーキックとは、ゴールラインより外にボールが出た時、最後に触った選手が守備側の選手であった場合に、攻撃側の選手がコーナーアークから蹴るキックのことです。
ゴールラインとは、ゴールがある線。ゴールがくっついている線のことです。ゴールの上をとびこえてボールがゴールラインより外に出た場合も、最後に触った選手が守備側の選手であれば、コーナーキックになります。
また、コーナーアークとは、タッチライン(フィールドの横側のライン)と、ゴールラインが交わるコーナーにある半径1mの1/4円のことです。

コーナーキックの場合も、もちろん精度が高いキックをする選手であれば、直接ゴール!なんてこともありますし、ゴール前にボールをあげて、他の選手が押し込む!なんてこともあります。
守る側も必死ですから、そんなに簡単にゴールにはなりませんが、チャンスであることには間違いないのです。攻める側の守る側も、神様仏様〇〇様ーという、展開です。

ゴールキックって何?

コーナーキックの逆で、ゴールラインより外にボールが出た時、最後に触った選手が攻撃側の選手の場合は、ゴールキックになります。
コーナーキックが、攻撃をしていた選手が蹴るのに対し、ゴールキックは守備側の選手がゴールエリアから蹴ります。たいてい、ゴールキーパーが蹴ることが多いですが、キーパーが蹴らなければいけないというルールはありませんし、直接相手のゴールを狙ってもよいことになっています。
ゴールキックは高く遠くまで飛ぶことが多いので、意識して見るとその脚力に驚くかもしれませんよ(*^-^*)

Posted by katakai