スポンサーリンク

天気予報では雨。サッカー観戦の雨対策

せっかくチケットを購入したのに、その日の天気予報は雨。そんな時、諦めますか?そんなの勿体ない!でも、諦めることも大事な場合もあります。今回は雨の日のサッカー観戦の諦めるべき場合と、観戦する際の雨対策についてお伝えします。

雨でもサッカー観戦する?

雨の日でもよっぽどの豪雨、雷等がなければサッカーの試合は行われます。チケットをすでに購入していしまっているとき、また、サッカー観戦のために予定を開けていたとき、こんな時は行くかどうか悩むと思います。

私は「絶対に行け!」とは言いません。むしろ、体調が悪い時には無理をしてまで行くべきではありません。選手だって体調の悪い時には、試合に出ませんよね?そういうことです。

テレビ・ラジオ中継があれば、それで楽しむこともできます。ない場合はネットでのテキスト速報などで楽しむこともできます。

楽しんでこそのサッカー観戦ですから!苦行になるようなら行かない選択肢を選ぶことが必要です。どんなに雨対策を行ってもある程度は雨に濡れます。屋根があるスタジアムでも場所によっては雨の吹き込みなどで濡れることがありますので、注意してください。

サッカー観戦の雨対策

健康状態が良好で、どうしても行きたい!どうしてもみんなと応援したい!そんな時の雨対策について、書いていこうと思います。

まずはレインコートもしくはポンチョはもちろん、タオルや、前にも書きましたが、家庭用ごみ袋などは重宝します。しかし、夏の日のレインコートやポンチョはとても蒸れるため、雨からの防水はしっかりできるものの、帰ったら汗で服がびっしょり!!!なんてことはよくあるものです。雨が降っていても汗はかきます(意外と忘れがちなのですが(-_-;))! 水分補給はこまめにしましょう。
また、雨だからといってサンダルなどの滑りやすい靴でスタジアム内を歩くことはお勧めできません。雨の日の観戦席はときに川のように、水が流れる場合があります(スタジアム環境にもよりますが・・・)。そんな時、滑りやすい靴や、ヒールなどで行ったら・・・ケガにつながりかねません。ただし、帰り道用にサンダルなどを用意するのはいいかもしれません。

スタジアム内での雨対策は、レインコートやポンチョ。そして、靴は滑りにくい靴。荷物(着替えの服や靴下など)は濡れないように家庭用ごみ袋に入れます。
そして、帰りには濡れた服や靴、ポンチョなどを家庭用ごみ袋へ入れ、折り畳み傘を指してサンダルを履き、家に帰ったらすぐにお風呂に入る!これが重要かと思います。

 

 

Posted by katakai