スポンサーリンク

コース幅により勝ち馬脚質が変化する札幌芝1200m

キーンランドカップの舞台でもある、札幌芝1200mの特徴を調べてきました。
よろしければご覧ください。

札幌芝1200mの特徴

スタートから次のコーナーまで400m程あるので、スタートが決まると、隊列がそのままとなることが多く、終わってみると内の馬が上位に来て、外枠の馬が差し損ねるレースが多いのが開幕からしばらく続きます。
Aコースから、コース幅が狭くなるBコースへ変わっていくと徐々に外の差し馬が勝ちだしすという傾向が変わっていくのが特徴となっています。

どのコースも馬場状態勝ち馬が変わることは競馬にはあることですが、かなり極端に変わるのがこのコースです。
近年は内と外が馬券になることが多く真ん中の4・5枠が不振になることがあります。

この距離はレース数が多いので、午後のレースを買う場合は、同じ距離のレース結果・動画は見ておきたいところです。

札幌芝1200m勝率が高い騎手・種牡馬

モレイラ・福永・吉田隼騎手が勝率が高いですが、モレイラ騎手は、海外のトップジョッキーなので人気になってしまいがちです。
複勝だけだと貰いが少ないので、もう一頭良さそうな馬を探して、ワイド1点の買いの方が良さそうです。

福永騎手が人気そこそこ3番人気以内でオッズ7倍台までなら信頼でき、吉田隼騎手は人気で飛んで4番人気ぐらいで飛んでくるジョッキー買いにくいことこの上ないですが関東馬で4人気ぐらいだったら押さえておきたいですね。
種牡馬だとダイワメジャー産駒が数使っているのに勝率が極端に悪いのですが、2・3着には良く来るので単は来たらラッキーぐらいで考えて、複・ワイド数点で取れるように組み合わせる方が儲かるでしょう。

札幌芝1200mで穴を取るデータ

前走函館か札幌の1200mで枠や展開が向かなかったにもかかわらず、0.1~0.2負けて着順が悪かった馬が巻き返すことが多いです。
逆に枠のおかげで買った馬が1番人気になっているようなら、それは枠のおかげなので軽視したいところです。

前走買った馬が連勝することが低いのは、枠やコース幅のせいだとは思いますが、連勝は中々無いというのは覚えておきましょう。
そういった馬が1番人気だったら、2・3着付けで買うとか1着付けを他の馬にして流すとかそういった馬券で、高配当を狙う馬券で臨みたいですね。

小頭数になりがちなのでそこそこの頭数で買い目を絞って万馬券を数点で取ることが出来たりします。

Posted by toshio