スポンサーリンク

粘着テープの選び方

冬は、内張りで保温をします。
よく利用されるのは、梱包などで使われるプチプチ。

プチプチを張っていく上でプチプチとプチプチの間に貼り付ける粘着テープについてまとめています。

粘着テープの粘着剤の種類はゴム系アクリル系シリコーン系に分けられます。

ゴム系の粘着テープ

ゴム系は、代表的にはゴムの木からとった天然ゴムに石油樹脂を混合したもので何でもよくつき、はがしやすい特徴があります。
市販粘着テープの種類については下記があります。
セロハンテープ
クラフトテープ
布テープ
ポリプロピレンテープ
塩化ビニールテープ
ポリエステルテープ

アクリル系の粘着テープ

アクリル系は、蜘蛛の糸を参考に作り出されたと言われていますが、現在は石油から作られています。
耐久性に優れ透明かつ不純物も少ないことから文具用、電機・電子用と幅広く使用されています。
欠点としては貼る相手によってはつきにくいモノがある点と少し高価なところです。
市販粘着テープの種類については下記があります。
ポリエステルテープ
上質紙粘着シート
不織布テープ

シリコーン系は、ガラスの原材料から作られるシリコーンは耐久性、耐熱性に優れ、つきにくい剥離材料にもつきやすい特徴を持った粘着剤です。
高価なため主流にはなりませんが、高熱のマスキング用途や剥離剤部材の接続用として使用されています。

Posted by toshio