スポンサーリンク

ゆうメールの料金や日数

2019年6月3日

ゆうメールの料金

郵便物を送る際に支払う料金は発着地や重量、サイズなどによって決まるのが一般的です。
しかし、3辺の長さの合計が170cm以内で重量が3kg以下の荷物を通常の郵便物と同じように差し出すことができる「ゆうメール」と呼ばれるサービスについては重量とサイズのみで料金が決まる仕組みになっており、発着地による違いはありません。
もし、送ろうとしている荷物が長辺が34cm、短辺が25cm、厚さが3cmのサイズ内におさまっていて、重量が1kg以内であれば規格内とみなされます。
規格内の荷物に適用される料金は150gまでが180円、250gまでが215円、500gまでが300円で1kgまでが350円となっています。
一方、規格外の荷物を送る場合は料金が少し高くなり、150gまでが265円となるほか、250gまでの荷物についても305円になり、500gまでのものは400円、1kgまでの荷物は450円になります。

ゆうメールの日数

ゆうメールの荷物が相手先に届くまでの日数は、基本的には普通郵便と一緒です。
郵便局のホームページでは発着地の郵便番号を指定すればサービス別にお届け日数を調べることができるので、特に配達方法を指定しない場合は「手紙・はがき」および「大型郵便物」の欄を確認し、速達や時間指定郵便を選択した場合は該当する部分を参照しましょう。
相手先にゆうメールが到着するまでにかかる期間は速達を指定して近距離の相手に送る場合が最短で、翌日の午前中には荷物が相手に届きます。
近距離であれば時間を指定しなくても翌日中には必ず届きますが、遠方にいる相手に送る場合は速達にしないと到着は2日後になってしまいます。
天候次第では到着までにかかる日数が延びる可能性があるので、送りたいものがあるときは早めにポストに投函するか、郵便物に差し出しましょう。

Posted by toshio