スポンサーリンク

大学偏差値のランキングのまとめ

2018年10月14日





大学進学を目指す際、進学する大学選びには偏差値が大きく影響します。
自身の偏差値で合格する見込みがある大学を目指すことはもちろんできる限り偏差値が高い大学に入学したいという希望は誰もが持っているものです。
そんな大学偏差値についていろんな角度から掘り下げていきたいと思います。

大学偏差値のランキング

ランキングの上位に位置することが多いのは東京大学や京都大学、一橋大学といった国立大学の中でも上位の大学です。
これらの大学はすべての学部で高偏差値が求められ、合格するには多大な努力が求められる大学です。

そういった大学に続くのが上位の私立大学で、慶応大学や早稲田大学の知名度が高いですが理系であれば東京工業大学もこのランクに含まれます。
複数の大学をグループとしてまとめる大学群の名前としては東京6大学やMARCHなどが有名ですが、これらの大学群は偏差値で分けられているとは限らないことに留意しましょう。

たとえば東京6大学の中には法政大学と明治大学、立教大学が含まれるもののこれらの大学はMARCHのグループにも入っているように重複する大学もあり、志望校を選ぶ際は大学群で決めるのではなく大学ごとの偏差値を個別に比較するということが大切になるのです。特に東京6大学は大学野球の試合に端を発しているグループ分けであり東京大学と法政大学や立教大学などは偏差値に大きな差があります。

また、大学偏差値ランキングでは一般的に知名度が低い大学も上位にランクインしていることがあります。
これらはほとんどが医学部で、地方国立大学などはほとんどの学部がランキングの上位にいないにも関わらず医学部のみがランクインしているということも少なくありません。
医学部は専門性が非常に高い学部なので、ランキングの上位に位置しているからという理由で受験することは避けるべきだと言えます。

大学の偏差値一覧から全国の大学・学部の偏差値を一覧で確認できます。
benesse

公式サイトはこちら
https://www.benesse.co.jp/



Posted by toshio