スポンサーリンク

スマートスピーカーとは何か、特徴や使い方をわかりやすく解説

2018年9月21日





家庭に置かれる家電は十数年前から変化がなく、
1990年代後半にパソコンが導入されるまではテレビや冷蔵庫、エアコンなど技術の
進歩による機能の向上はあるものの全く新しい電化製品が登場することは長らくありませんでした。
しかし、最近になって普及が進んでいる家電があり、それがスマートスピーカーです。

スマートスピーカーとは

スマートスピーカーの特徴はAIアシスタントを利用することが出来る
対話型のスピーカーであるという点です。
スマートスピーカーとは

スマートスピーカーの特徴

スマートスピーカーは単体ではほとんど役割を果たすことが出来ませんが、
従来の電化製品と組み合わせることで新しい使い方をすることが可能になる製品です。
テレビや電灯といった従来の電化製品は使う人が指を使って操作することによって
機能を発揮することが出来ていました。
しかし、スマートスピーカーを導入すれば自分が電化製品にどういった操作をして欲しいかという
内容を声にすることでAIアシスタントがその内容を電化製品に伝え、
自動的に指示した動作が行われるようにしてくれるのです。
つまり、これまでは自分が電化製品のもとへ足を運んでスイッチを押すといった操作をしていた生活が一変し、
自分は一歩も動くことなく声でスマートスピーカーに向かって指示を出すことで
電化製品を操作することが可能になりました。

スマートスピーカー使い方

スマートスピーカーは単体では動作しないため、使い方を覚える必要があります。
基本的にWiFiネットワークを用いて通信を行うため最初にスマートフォンやタブレットに
対応するアプリをインストールします。
そしてスピーカーとネットワーク接続を行い、使用者の声を登録します。
続いて声で操作をしたい製品を指定すれば完了です。
自宅にある家電をスマートスピーカー対応のものに買い換えなければならないと考える人もいますが、
その心配はありません。
従来の家電であってもリモートプラグやスマートリモコンという製品を導入することによって
声で操作をすることが可能になるのです。



Posted by toshio