スポンサーリンク

ねんきんネットの年金見込額やログイン、登録方法などのまとめ

2018年10月14日





ねんきんネットは日本年金機構が運営しているウェブサイトのひとつのことです。
そんなねんきんネットについていろんな角度から掘り下げていきたいと思います。

ねんきんネットとは

これまでに納付してきた年金保険料の記録や、将来受け取ることになる年金見込額などの情報を、パソコンやスマートフォンからいつでもインターネットを通じて手軽に確認することができる便利なサービスです。

ねんきんネットはさまざまな個人情報を取り扱っていることから、あらかじめ日本年金機構に登録した人でなければ利用ができない仕組みになっています。
登録後にサイト上からログインして機能を利用するのは一般的な商用の登録制サイトとほぼ同様ですが、ねんきんネットの場合にはさまざまな個人情報を取り扱っていることから、本人確認が厳格化されています。
方法はいくつかありますが、いずれの場合も年金手帳に記載されている基礎年金番号が必要です。

ねんきん定期便が手元に郵便で届いており、その中に記載があるアクセスキーとよばれる17ケタの固有の番号がわかる場合は、この登録の手続きもやや簡単になります。
ねんきんネットの申請用フォームにアクセスキーと基礎年金番号、氏名や生年月日を入力の上、任意のパスワードや秘密の質問などを設定して送信すれば、折り返し電子メールが届きますので、その電子メールに記載されたアドレスをクリックすると、本人の認証が完了し、設定したパスワードなどでのログインが可能です。
アクセスキーがない場合も同様に専用フォームに必要事項を入力して申請を行いますが、本人確認のため自宅に郵送物があるため、通常は利用できるまでに5日程度はかかってしまいます。

ねんきんネットが利用可能な状態になった場合には、ログインすればさまざまな機能が使えるようになりますが、そのなかには年金見込額の算出機能があります。
現在と同じ労働条件で働き続けた場合を設定した場合には、これまでの加入実績をもとにして、すぐに将来的に受け取ることができる年金見込額が表示されます。この場合の表示は国民年金の部分にあたる老齢基礎年金と、会社勤めの人のための厚生年金の部分にあたる老齢厚生年金のそれぞれの金額が確認できます。

また質問形式で試算をすることもでき、今後の働き方などの条件を質問を通じて設定していくことで、その条件に見合った年金見込額を同様に確認することが可能です。
もちろん質問によらずに今後の職業や収入、期間などの条件を個別に設定して試算をする機能もあります。これらの試算結果を複数まとめてグラフ化して比較する機能も付いています。

「ねんきんネット特設サイト」では、「ねんきんネット」の便利なご利用方法を紹介しています。
ねんきんネット



Posted by toshio