スポンサーリンク

Javascriptって何?

2018年10月14日





Javascriptはプログラミング言語です。
javaと似ていますが同じプログラミング言語ですが、大きく異なります。
Javascriptは、Webサイトで動的な動きを表現するのに優れています。ここでは簡単に説明します。

Javascriptの基本

Webページ制作を行う上で欠かせないのが、JavaScriptの存在です。
たくさんのプログラミング言語がありますが、その中でも圧倒的な利用者がいます。
その理由は、本格的なプログラマでなくても比較的書ける言語だからです。
動画で基本のjavascriptがわかりやすいサイトがたくさんあります。
javascriptの基本を学ぶ

javascriptの特徴

1.初心者でも学び始めやすい
2.利用シーンが幅広い
3.オブジェクト志向。これはプログラムの開発や拡張、保守を楽にするために考え出された技術です。

javascriptを勉強すると

フロントエンドエンジニアという言葉を聞いたことありますか?
業界ではjavascriptを使ってプログラミングをする方をそう呼ぶんですね。
JavaScriptの人気の高さに興味を持って学習を深めたいと思っている人向けには、数多くのサイトやリソースがあります。
仕事として長い目で考えると十分頑張る価値がありますね。

転職を目指される方にはオススメの資格

JavaScriptの専門スキルを証明する資格があります。
インターネットやウェブ業界で働く人のための国際資格ですので、転職には有利になることは間違いないでしょう。
学習範囲は下記になります。

・JavaScriptの基礎
・JavaScriptのプログラミング
・JavaScriptコード開発
・データ処理
・オブジェクトモデル
・Webサイトへの実装
・データベースとの連携
・デバッグ技法




Posted by toshio